Monthly Archives: 1月 2021

  • 0

不倫相手に本気になる人の特徴(女性編)

Category : tsubakigahana

不倫はいけないこと、それは誰でも知っていることです。

しかし、世の中にはダメだと知りつつ不倫にどっぷりハマってしまう人と、そうでない人がいます。

この違いは何なのでしょう?

今回は不倫を止められず、相手に本気になってしまう女性の特徴を調べてみました。

■恋愛至上主義者

このタイプは日頃から恋愛に生活全般をささげ、年齢に関係なく「運命の恋」を夢見ています。

とにかく誰かと一緒にいないと、不安でさみしくて耐えられない!というタイプでもあります。

よく言えば「恋愛体質」、悪く言えば浮気性の女性です。

このタイプが不倫をすると、「これこそ本気の恋」と相手にのめり込みやすく、不倫である障害も「私たちを引き裂く試練」と勝手に解釈します。

盛り上がっているときはいいのですが、ふと我に返った時、周囲には誰もいなくなっていた、なんてことにならないよう自制しましょう。

■優柔不断

優柔不断な人は、自分では何も決められず、大事なことでも相手に委ねてしまいます。

いわゆる「依存体質」です。

このような人は、相手に誘われ、断り切れなくて不倫を始めてしまうことが多く、彼のやや強引なアプローチを「愛情の強さ」と勘違いしてしまい、気づけば引き返せないくらい相手に本気になってしまうことがあります。

相手が遊びだった時、傷つくのは自分なので、既婚者から誘われた時の「断り文句」を常備しておきましょう。

■性生活に不満がある

男性にはよくいるパターンですが、最近では女性の立場の向上とともに、一人のパートナーでは満足できない女性の存在も認知されてきました。

パートナーとの関係(性的な意味も含めて)が上手くいっている間はいいのですが、例えばパートナーの仕事が忙しくなってしまったなどで不満が募ると、ついよその男性の誘いに乗ってしまいがちです。

そしてその男性との性の相性が良かった場合、この手の女性は相手にドはまりしてしまう可能性が高いです。

不倫相手に本気になってしまいがちな女性のタイプは、恋愛至上主義者や優柔不断な女性、そして性生活に不満がある女性が挙げられます。

もし自分が当てはまるなら、後で自分が後悔しないように注意しましょう。


  • 0

不倫ケース別、相手との別れ方

Category : tsubakigahana

不倫の恋は、ある日突然終わりを告げなくてはならないことがあります。

ただ内緒の恋ゆえに、別れ方を誰かに相談したりすることもできず、またできるだけ後を引かず、ひっそりと円満に別れる必要があります。

今回は、不倫のケース別、スマートな別れ方について考えてみました。

■ダブル不倫の場合

ダブル不倫の場合は、お互いの家庭を壊してまでのめりこむような、共依存の関係に至っていない場合がほとんどです。

バレたらお互い破滅の関係でもあり、人一倍周りに気を遣わなければならない関係でもあります。

このケースの場合、別れを切り出すときのセリフは「夫(妻)に(関係を)気づかれそうだ」と言えばOK。

ほぼすんなりと別れることができます。

■社内不倫の場合

社内不倫の場合、別れたあとも、仕事上関係が続く場合があります。

できれば不倫が終わっても、相手との仕事上の関係が悪化することは避けたいもの。

別れを切り出すときは、「自分の将来のため」「仕事を優先したいから」など、仕事を理由にすると、相手も反論しづらくなります。

逆に相手と仕事上も関係を続けるのが嫌なら、転勤(異動)願を出す、思い切って転職するという強硬手段もあります。

■相手に冷めた場合

お互い一緒にいても、もう以前のようなラブラブな関係には戻れない、そう思ったときは、正直にその気持ちを伝えましょう。

不倫の関係は、情に流されてダラダラと続けるほど価値のあるものではありません。

もし相手がまだ別れたくない、などと引き留めてきても、毅然とした態度できっぱりと断りましょう。

間違っても「まだ愛している」など、相手を期待させる甘い言葉は言わないことです。

不倫カップルが別れる場合は、こじれることがないようひっそりとスマートに別れるのが肝心です。

ダブル不倫の場合は「パートナーに気づかれそう」、社内不倫の場合は「仕事に専念したいから」、相手に冷めた場合はきっぱりと、相手に期待を持たせないよう自分の気持ちを伝えましょう。