Author Archives: tsubaki

  • 0

不倫相手ときっぱり別れたいときは

Category : tsubakigahana

不倫の恋をこちらから終わらせるときは、できるだけ波風を立てないようにしたいですよね。

相手に変に執着されて自暴自棄になられ、周囲に関係をバラされたりしたら、たまったものではありません。

今回は、不倫相手ときっぱり別れたいときに取るべき行動をご紹介します。

■別れたい気持ちははっきりと言葉にする。

本来、不倫カップルには、普通の恋人同士のような幸せな未来は待っていません。

それでも、人を恋しく思う気持ちは誰にも止めることはできず、あなたは不毛な恋愛と知りながら今まで来ました。

しかし、別れると決めたなら、「こんな未来のない関係は終わりにしたい」と相手にはっきり伝えましょう。

相手もいつかは終わりにするべき、という罪悪感があるので、そこを刺激すればいいのです。

■徐々にフェードアウトする。

別れを告げても、言葉を濁されたり、引き留められたりと、相手が納得しない場合があります。

そんな時は、徐々にフェードアウトしていきましょう。

仕事の忙しさを理由に、LINEの返信間隔を開けていき、最終的には既読無視や未読レベルまで持っていきましょう。

もちろん会う約束もできるだけ断ります。

どうしても断れないときは、会っていても「別れたい」という態度を前面に出し、余計な会話をしないようにしましょう。

■それでもダメなときは、連絡先を断つ。

LINEに返信を返さないようにしても、別れたいと何度口にしても、相手が納得しない場合、最終手段に打って出る必要があります。

もう一度、別れたいと相手に告げたら、一切の連絡を絶ちましょう。

LINEはブロックし、最悪電話番号やアドレスを替えましょう。

もし同じ会社で働いていたり、相手に家が知られていたりする場合は、転職や引っ越しを考えてみてもいいかも知れません。

あなたのどこかに残る、未練を断ち切ることもできるので、一石二鳥です。

■まとめ

不倫相手との別れを決めたなら、まずはきっぱりと相手に別れを告げ、もし相手が納得しなかったら、徐々に自分の存在をフェードアウトさせていきましょう。

それでも無理そうな場合は、転職や引っ越しなどで、相手との連絡を一切断つようにするといいですよ。


  • 0

不倫相手と復縁するときの心構え3つ

Category : tsubakigahana

別れた不倫相手ともう一度よりを戻したい、そう思ってあなたはここに来たんですよね。

確かに、人の心は誰にも縛れませんので、あなたがそう思うこと自体に何の罪もありません。

でも、あなたの望む道は茨の道です、その覚悟はありますか?

今回は、過去に別れた理由別、不倫相手と復縁するときの心構えを考えてみました。

■パートナーにバレて(バレそうになって)別れた場合

もし相手が既婚者で、あなたが独身の場合、この別れ方が一番多いのではないでしょうか。

不倫相手が”家庭は家庭”で大切にしている場合、離婚になって、子どもと会えなくなって、慰謝料養育費を払わされて、なんてことは絶対に避けたいですからね。

この場合、復縁するとなると、かなりの覚悟が必要になります。

一度目は再構築に向けて目をつぶってくれたパートナーも、同じ相手と二度目、ともなると怒りも倍増でしょうし、何より悪質性が高いとして慰謝料の額が跳ね上がる可能性が高いです。

バレた時に、仕事お金交友関係の全てを失う覚悟で臨んで下さい。

■寂しさに耐えられず別れた場合

不倫の関係は、どうしても人目を気にしますし、ある意味家庭を2つ持っているようなものなので、独身の恋人たちのように、好きなときに、好きな場所で会う、ということはできません。

自分の誕生日、クリスマス、バレンタインなどのイベント日、そんな重大な日でなくても、普通の週末ですら相手の家族の都合に合わせなくてはなりません。

満たされない寂しさを抱えきれず、別れを選んだ人は、相手のパートナーにバレていない分、まだ復縁の余地があります。

もう一度同じ寂しさに耐えられるか、そこが判断のポイントです。

■相手が飽きて別れた場合

不倫は人目を偲ぶ関係だからこそ、普通の恋よりもドキドキ感が強く、刺激的で背徳的な関係は、一時は炎のように燃え上がるでしょう。

しかし、それが長く続いていくと、やがて炎は弱まり、関係も落ち着いてきます。

それが嫌だと相手に別れを切り出された場合、復縁はまず無理だと考えましょう。

もし会ってくれたとしても、次は不倫相手でもなく、単なるセフレ。

自分の幸せのために、思いを断ち切る覚悟が必要です。

不倫相手と復縁したいと思ったら、それなりの覚悟が必要になります。家族にバレて別れたなら全てを失う覚悟を、寂しさで別れたならもう一度その寂しさに耐える覚悟を、飽きられて別れたなら、思い切る覚悟が必要です。


  • 0

不倫相手に本気になる人の特徴(女性編)

Category : tsubakigahana

不倫はいけないこと、それは誰でも知っていることです。

しかし、世の中にはダメだと知りつつ不倫にどっぷりハマってしまう人と、そうでない人がいます。

この違いは何なのでしょう?

今回は不倫を止められず、相手に本気になってしまう女性の特徴を調べてみました。

■恋愛至上主義者

このタイプは日頃から恋愛に生活全般をささげ、年齢に関係なく「運命の恋」を夢見ています。

とにかく誰かと一緒にいないと、不安でさみしくて耐えられない!というタイプでもあります。

よく言えば「恋愛体質」、悪く言えば浮気性の女性です。

このタイプが不倫をすると、「これこそ本気の恋」と相手にのめり込みやすく、不倫である障害も「私たちを引き裂く試練」と勝手に解釈します。

盛り上がっているときはいいのですが、ふと我に返った時、周囲には誰もいなくなっていた、なんてことにならないよう自制しましょう。

■優柔不断

優柔不断な人は、自分では何も決められず、大事なことでも相手に委ねてしまいます。

いわゆる「依存体質」です。

このような人は、相手に誘われ、断り切れなくて不倫を始めてしまうことが多く、彼のやや強引なアプローチを「愛情の強さ」と勘違いしてしまい、気づけば引き返せないくらい相手に本気になってしまうことがあります。

相手が遊びだった時、傷つくのは自分なので、既婚者から誘われた時の「断り文句」を常備しておきましょう。

■性生活に不満がある

男性にはよくいるパターンですが、最近では女性の立場の向上とともに、一人のパートナーでは満足できない女性の存在も認知されてきました。

パートナーとの関係(性的な意味も含めて)が上手くいっている間はいいのですが、例えばパートナーの仕事が忙しくなってしまったなどで不満が募ると、ついよその男性の誘いに乗ってしまいがちです。

そしてその男性との性の相性が良かった場合、この手の女性は相手にドはまりしてしまう可能性が高いです。

不倫相手に本気になってしまいがちな女性のタイプは、恋愛至上主義者や優柔不断な女性、そして性生活に不満がある女性が挙げられます。

もし自分が当てはまるなら、後で自分が後悔しないように注意しましょう。


  • 0

不倫ケース別、相手との別れ方

Category : tsubakigahana

不倫の恋は、ある日突然終わりを告げなくてはならないことがあります。

ただ内緒の恋ゆえに、別れ方を誰かに相談したりすることもできず、またできるだけ後を引かず、ひっそりと円満に別れる必要があります。

今回は、不倫のケース別、スマートな別れ方について考えてみました。

■ダブル不倫の場合

ダブル不倫の場合は、お互いの家庭を壊してまでのめりこむような、共依存の関係に至っていない場合がほとんどです。

バレたらお互い破滅の関係でもあり、人一倍周りに気を遣わなければならない関係でもあります。

このケースの場合、別れを切り出すときのセリフは「夫(妻)に(関係を)気づかれそうだ」と言えばOK。

ほぼすんなりと別れることができます。

■社内不倫の場合

社内不倫の場合、別れたあとも、仕事上関係が続く場合があります。

できれば不倫が終わっても、相手との仕事上の関係が悪化することは避けたいもの。

別れを切り出すときは、「自分の将来のため」「仕事を優先したいから」など、仕事を理由にすると、相手も反論しづらくなります。

逆に相手と仕事上も関係を続けるのが嫌なら、転勤(異動)願を出す、思い切って転職するという強硬手段もあります。

■相手に冷めた場合

お互い一緒にいても、もう以前のようなラブラブな関係には戻れない、そう思ったときは、正直にその気持ちを伝えましょう。

不倫の関係は、情に流されてダラダラと続けるほど価値のあるものではありません。

もし相手がまだ別れたくない、などと引き留めてきても、毅然とした態度できっぱりと断りましょう。

間違っても「まだ愛している」など、相手を期待させる甘い言葉は言わないことです。

不倫カップルが別れる場合は、こじれることがないようひっそりとスマートに別れるのが肝心です。

ダブル不倫の場合は「パートナーに気づかれそう」、社内不倫の場合は「仕事に専念したいから」、相手に冷めた場合はきっぱりと、相手に期待を持たせないよう自分の気持ちを伝えましょう。


  • 0

不倫相手と復縁するためにすべきこと3つ!

Category : tsubakigahana

一度は別れてしまっても、やっぱりあの人が好き。

そう思う気持ちは、誰にでも起こりうるもの。

たとえ相手が既婚者だったとしても同じです。

今回は、別れた不倫相手と復縁したいあなたに贈る、復縁のための3つの方法をご紹介します。

■1.少しずつ距離をつめる

まずすべきことは、「相手と言葉を交わす」です。

例えば相手が会社の人など、同じテリトリーに居る場合は、怪しまれない状況で言葉を交わしてみましょう。

相手が引かなければ、第一関門クリアです。

一気に距離を縮めず、ぐっと我慢して最初は短く、頻度も少な目がミソです。

相手と日ごろ会えない場合は、LINEなどで「最近どうしてる?」など、一言程度のメッセージを送ってみましょう。

相手がすぐに返信してこなくても、催促はNG。

ブロックされていないだけありがたいと思って、気長に待ちましょう。

相手から返信が来たら、こちらも脈ありです。

■2.不倫相手の不満を見極める

不倫相手があなたと付き合った原因は、妻や夫にどこか不満を抱えているからです。

あなたと別れて一旦は家庭に戻っても、その不満が解消されていなければ、また不満が頭をもたげてきます。

あなたと付き合っていた時、彼(彼女)は、どんなことをあなたと話し、どんな風にあなたを気に入っていましたか?

癒やされたいのか?甘えたいのか?それとも性的魅力なのか?

それが相手の妻や夫への不満であり、それを見極められたら、復縁はもうすぐです。

■3.二人で会おうと誘う

最初は何気ない会話から始め、あなたは相手の不満を解消すべく、仕事やプライベートの悩みを聞いて慰めたり、自尊心を満足させたりし、会話の頻度も増えてきたとします。

最後のミッションは、「二人きりで会うこと」です。

ここでいきなりホテルに誘うのはNGです。

いくら復縁したいといっても、それではセックスフレンドになってしまいます。

まずは食事やカフェなどに留めておきましょう。

そして、会っている最中は、二人でいることの楽しさや癒やしを思い出させてあげて下さい。

「やっぱりあなたがいい」そう相手にはっきり言わせることができれば、復縁は完了です。

不倫相手と復縁するためには、1.さりげない挨拶やLINEの一言メッセージなどで相手との距離を少しずつ詰める。2.相手の不満を見極め、それを解消するよう動く。3.二人で会おうと誘い、あなたと付き合っていた頃の楽しさや癒やしを思い出させる。の3つが効果的です。


  • 0

復縁を相談するカウンセラーはよく見極めを!

Category : tsubakigahana

復縁に関する相談を誰かにしたい、と思った時、相談相手として思いつくのはどのような人でしょうか。

家族、友人、頼れる上司、さまざまな人が思いつくかと思いますが、中には近しい人ほど相談しにくい、という方もいらっしゃるかと思います。

そのような方には、復縁相談を仕事としているカウンセラーへの相談がおすすめなのですが、カウンセラー選びをするうえでの注意点がいくつかあります。

■基本的に、復縁相談には資格は必要ないということを理解しておく

臨床心理士という資格が必要な専門的なカウンセリングでは、その国家資格が必要となりますので、その資格を所持しているカウンセラーであれば、かなり難易度の高い試験をクリアしているということです。ですので、この場合はある程度の知識や技術などは保証されています。

しかし、復縁相談のみとなると、国家資格は特に必要なく、極端に言ってしまえば誰でも復縁相談のカウンセラーになれてしまいます。

そのため、カウンセラーによってかなり差が出てしまうというのが現実です。

■復縁相談カウンセラーを選ぶときは、実績やキャリアに注目

上記のとおり、復縁相談カウンセラーには特に資格が必要ないため、素人が思いつきで最近始めた復縁相談もないとはいえません。

そのような場合、せっかくお金を支払ってカウンセリングを受けても、全く役に立たないアドバイスしかもらえなかった、悩みを相談したはずなのにモヤモヤして終わってしまった、などということも起こり得ます。

そのため、復縁相談カウンセラーを選ぶ際にはホームページなどで公開されている実績やキャリアなどに注目してみると参考になります。

また、本名や顔写真を載せているカウンセラーはそれなりに自信があり、責任感が強い場合も多いので合わせてチェックしておくと良いでしょう。

逆に言えば、どこを見ても経歴や実績もなく、名前も仮名で顔写真も無い、となると、力量を推測できる材料がほぼないに等しくなってしまいますので、そういった場合は注意が必要である、と言えるでしょう。

復縁相談のカウンセラーは、資格が必要ないためかなり力量などに差が出てしまうのが難点です。カウンセリングサービスを利用される際には、しっかりとカウンセラーの見極めを行うようにしてくださいね。


  • 0

男性と女性では、恋愛の悩みは違うもの?

Category : tsubakigahana

誰しも一度は経験したことがあるであろう、恋愛の悩み。男性と女性では、悩みの内容にどのような違いがあるのか気になったことはありませんか?

男性と女性ではそれぞれ、どのような恋愛の悩みがあるのかをご紹介させていただきたいと思います。

■男性の恋愛の悩みとは

・彼女の「察して」に困っている

自分では思い当たる節が無いのに、なぜか今日は彼女の機嫌が悪い。怒っているのかと聞いても、「怒ってない!」と言われてしまいタジタジになってしまい、別れ際になって、「どうして髪を切ったのに何も言ってくれないの?!」などと怒られてしまう…。

こういった、彼女の「察して」欲しいという素振りには困ってしまうようです。

細かいことに気が付きやすい男性も、もちろんいらっしゃいますが、褒めてほしいならちゃんと変えたところを言う、嫌だったことは黙らずにちゃんと伝えるなど、何でもはっきり言ってほしいと感じている男性は多いようですね。

・友達との付き合いが浅くなってしまった

彼女との予定が多くて、友達と会う機会が減ってしまい付き合いが浅くなってしまうことに悩んでいる男性もいらっしゃるようです。

友達とも遊びたい!となって、少し彼女との予定を減らし友達と遊ぼうとすると、今度は彼女が怒ってしまうなどということも。

■女性の恋愛の悩みとは

・彼の女友達などに嫉妬してしまう

やましい気持ちは無いとわかっていても、彼が女友達と話したりしている姿を見てしまうと、悶々としてしまったり、嫉妬してしまってつい彼に当たってしまったりという悩みがあるようです。

あまり気にしないようにしようとしているのに毎回態度に出てしまって、彼との関係が危うくなってしまったなどということもあるようですね。

・なかなか結婚の話が出ない

年齢層が上になってくるほど多い悩みのようです。特に、子どもを望んでいる女性にとってはなかなか深刻な悩みであることも。

それとなく結婚の話題を出してみても、なかなか彼が気が付いてくれないといったこともあるようですね。

当然、男性と女性で全てをひとくくりに出来るわけではありませんが、考え方の違いを感じるような悩みも多いようですね。男性と女性、それぞれが歩み寄ることで、悩みの解決に至るかもしれません。


  • 0

なかなか人には話せない、不倫に関する恋愛相談とは

Category : tsubakigahana

不倫に関する恋愛相談は、その内容が内容なだけに、友達や家族とどれだけ親しくても、なかなか話しにくいものですよね。

相談サービスなどを利用している方もいらっしゃるようですが、どのような相談があるものなのでしょうか。

■相手や自分の家族にバレないか不安

不倫というのは、必ず相手か自分、または両方に配偶者や子どもという家族がいるものです。

いつかバレるのではないかだとか、デートをしていても、家族と親しい誰かに見られて報告されてしまうのではないかなど、常に不安がついて回っていることが多いようです。

相手や自分の家族に不倫がバレてしまうと、それぞれの家庭が崩壊するだけではなく、慰謝料などの多額の金銭的な問題も発生してきますので、不倫をしている方にとってはかなり深刻な悩みであるようです。

■自分だけが本気なのではないかという悩み

自分が相手に本気になればなるほど、不倫相手の自分に対する気持ちについて、不安が大きくなってしまうことがあるようです。

一度相手の気持ちに対する不安が出てしまうと、連絡に対する返事が素っ気ない気がしてしまったり、自分ばかりがデートに誘っている気がしてしまったりなど、次から次へと不安が出てきてしまいます。

また、会う度にすぐ体の関係ばかりを求められてしまうというのも、不倫相手にとって自分は遊び相手なのではないか?と不安になってしまう原因になるようです。

■本当にこのまま不倫を続けていいのか、という悩み

不倫ではない恋愛であれば、お付き合いを続けていくうちに、結婚などの関係性のステップアップがあることが多いものです。しかし、不倫の場合、相手や自分に既に家庭があるために、関係性のステップアップはなかなか望めません。

そのため、特に片方が独身の場合など、このまま進展も望めない関係を続けていてどうするのだろう、と悩んでしまうことがあるようです。

不倫に関する恋愛相談では、やはり重い内容の相談が多いようですね。最近ずっと悩んでいるけれども、なかなか人には話せなくて悩んでいる、という方は、カウンセラーなどが相談を受けてくれるサービスなどを利用し、1人で抱え込みすぎないようにすることが大切かもしれません。


  • 0

恋愛の悩みはプロに電話相談して解決!活用した方がいい3つの理由

Category : tsubakigahana

恋愛の悩みをプロに電話相談する意味は大きいです。

友人に悩みを打ち明けても、満足できる答えが見つからない場合もあります。

プロの電話相談にしかないメリットや効果についてご紹介します。

■恋愛の悩みは気楽に電話相談

友人に恋愛の悩みを相談しても、複数回になれば相手も疲れる可能性があります。

最初こそ心配してくれるかもしれませんが、連日深夜まで聞き続けていると生活に支障をきたしてうんざりされることもあります。

「嫌がられたくない」「心配されるのがイヤ」そんなふうに思ったら、電話相談がよいでしょう。

有料なら、お金という対価を払っている分、どんな時間でも相談ができますし、担当者も嫌がりません。

遠慮なく自分の中にある悩みや鬱憤を吐き出せます。

■恋愛の悩みを電話相談するだけでもカタルシス効果がある

悩みを人に打ち明けたとき、もやもやしていた気持ちがすっきりすることがあります。

それは、カタルシス効果の可能性があるのです。

「精神の浄化」というもので、悩みをはじめ、ストレスや悲しみなどの感情を外へ吐き出したとき、心の中が整理されてカタルシスが生まれます。

カタルシスによって、ネガティブな感情ばかりだった人に、ポジティブな感情が生まれることがあるのです。

電話相談の担当者は、守秘義務をきちんと守り話を聞くプロです。

そのため、素人よりカタルシスを得られる期待が持てます。

■孤独から解放されるバディ効果がある

恋愛の悩みを電話相談することで「バディ効果」が期待できます。

バディとは仲間や相棒を意味します。

恋愛の悩みが不倫では、友人に対してもいえないことも多いでしょう。

相談できる友人がいないかたもいます。

電話相談でプロに話を聞いてもらって共感されると「孤独」の解消につながることがあります。

これがバディ効果です。

孤独から解放されて安心感を得られれば、気持ちも前向きになって歩きはじめられるでしょう。

恋愛の悩みは電話相談をするだけでも、鬱々していた気持ちが晴れることも多いのです。

「カタルシス効果」「バディ効果」などが期待できるため、誰にも悩みを話せなかった人に適しています。

悩みを聞いてもらって気持ちがすっきりすれば、違った解決法が見つかる可能性も出てくるでしょう。


  • 0

心理カウンセラーによる恋愛電話相談のメリット!上手に活用して問題解決

Category : tsubakigahana

心理カウンセラーに恋愛のことを電話相談するメリットはたくさんあります。

心理カウンセラーは敷居が高いと考えるのも不要です。

恋愛の悩みも心の問題が大きく関わっています。

心理カウンセラーに恋愛のことを電話相談するメリットをご紹介します。

■電話相談だからこそ正直にいえることもある

恋愛には、友達にもいえない悩みもあります。

恋愛相談をするならプロにしたいと考えても、対面だと緊張する人もいるでしょう。

メンタルクリニックなどへ行くのも敷居が高いと感じる人もいます。

すべてをクリアするのが、心理カウンセラーによる電話相談です。

相手が心理カウンセラーだとしても、個人情報がわからないからこそ詳細に内容を話しやすくなるのです。

また、完全な第三者という点で素直に話を聞き入れやすくなります。

■話を聞いてくれるプロの心理カウンセラーの恋愛電話相談だから信頼できる

心理カウンセラーは、恋愛に限らず人の話を聞くプロフェッショナルです。

相談者に寄り添ってサポートするのが役目です。

表面だけではなく、心の深い場所まで掘り下げて状態を把握します。

安易なアドバイスではなく、相談者自身が問題を見つけて解決するように導くプロといえます。

そのため「指示を強制される」「意見の押し付け」「否定」などが嫌な方は適していえるでしょう。

悩みを誰かに話してすっきりしたいという方にもぴったりです。

■心理君セラーの電話相談だからこそ問題が大きくなるのを防げる

「恋人が最近ちょっと冷たい気がする」など、小さな悩みが大きくなる可能性はあります。

恋愛の悩みは、大きくなれば毎日そのことばかり考えて心も疲弊します。

心理カウンセラーによる電話相談なら、敷居も低いため気軽に相談できますし、早めにトラブルの芽を摘み取れるのです。

自分の部屋などリラックスした場所で話せるのもメリットでしょう。

たとえ、引っ越ししても、電話があればつながれるので継続的に活用できます。

恋愛相談を電話で心理カウンセラーにするメリットは多いです。

心の専門家であり、話を聞くプロだからこそ信頼できます。

電話相談のため敷居が低いため相談しやすいですし、小さな問題が大きなトラブルになるのを早めに潰せるのです。